屋上に存在している木から発生するトラブル~屋上防水が必要なサイン~

建物の屋上に木が生えた場合はすぐ撤去を行なうのが適切です 建物の屋上に木が生えた場合はすぐ撤去を行なうのが適切です

屋上に雑草が発生した場合は屋上防水を実施

風雨の影響を最小限に抑えるには住宅の屋根をコーティングし、屋上防水を実施しなければなりません。防水工事を施す必要がある住宅に現れる劣化サインについて詳しくお教えします。

建物に発生する防水塗装の劣化サイン

  • 建物の中に雨漏りが発生している
  • 屋上の一部に雑草や木が生えている
  • 屋上の表面に割れやヒビなどが発生している
  • ドレンがほとんど機能していない
  • 建物の表面にある防水層が膨れてしまった
  • 建物を建築してから、10年以上屋上防水を実施していない

これらのトラブルが住宅に与える悪影響

雨漏りを発生させる
建物の中に雨漏りが発生してしまうと、木材などの建物に使われている素材が雨の影響で腐食してしまう可能性が高いです。もし、そのまま放置しておくとその分状態は悪化してしまうので、雨漏りを発見した際はすぐに対策を行ないましょう。
防水塗装に破損が生じる
屋上部分に雑草や木が生えてしまうと、植物の根によって屋根の防水層が傷ついてしまう可能性があります。しかし、無理に生えている雑草や木を抜いてしまうと建物への被害は悪化してしまうので、まずは有効な対策を考えてみましょう。
防水塗装の劣化が早まってしまう
コンクリートのひび割れを防いでくれる目地に割れや破損が発生していると、屋上の防水層に空気や水が入りやすくなります。水や空気が入ると建物の劣化は大幅に進行してしまうので、早めに対策を行なうのがベストです。
屋上に水が溜まりやすくなる
屋上に溜まった水を外へと流す役割を持っているドレンは、建物の耐久性を守るのにとても重要な設備です。ドレンの機能が低下してしまうと雨水がきちんと排出されなくなり、屋上に水が溜まりやすくなってしまいます。
漏水を発生させる危険性が高まる
防水層の中に水が入ってしまうと、防水層の一部が大きく膨れてしまいます。この状態をそのまま放置しておくと屋上に溜まった水が排出されず、膨らんだ防水層が破裂して漏水などのトラブルを発生させてしまう可能性が高いです。

なるべく早めに防水工事を行なうことが大事です

建物に発生している被害の規模が小さい場合は、すぐに修理を行なう必要性がない場合があります。しかし、修理を後回しにしてしまうと修理工事の期間が延びてしまったり、修理費用が高額になったりする危険性が発生するので計画して対策を行ないましょう。

無料点検を有効活用しましょう

防水工事を取り扱っている業者の中には、建物の無料点検を実施してくれる業者が存在しています。自分で建物をチェックしてみても状況がよくわからない場合は、無料点検を取り扱っている業者に建物をチェックしてもらうといいです。

まとめ

屋上にこういった現象が発生してしまうと、屋上だけでなく建物全体に大きな悪影響が生じてしまいます。建物の管理を行なう際はきちんと建物を定期的にチェックし、屋上防水を行なって建物の状態を良好に維持し続けましょう。

TOPボタン