建物に木や雑草が生えることで起きる悪影響

建物の屋上に木が生えた場合はすぐ撤去を行なうのが適切です 建物の屋上に木が生えた場合はすぐ撤去を行なうのが適切です

屋上に雑草が生えてしまう原因

樹木

屋上に木や雑草が生えているのを見つけた場合、どうして木が生えてしまったのか不思議に思うことが多いです。建物に生じる悪影響を防ぐためにも、まずは防水業者に屋上から木が生えてくる原因を教えてもらいましょう。

防水業者が教える!屋上に生える木に関する情報

屋上のどういった場所に木は生えてきますか?
雑草や木などの植物が生える場所は、主に排水ドレインの周りであることが多いです。まれに押えコンクリートの目地から生えてくることもあり、こうした場所に発生することが多いのは雨水などが溜まりやすいからだと思われます。
屋上に木が生えるのは何が原因ですか?
鳥は果実を食べた後に糞を落としますが、糞には植物の種が残っています。これが木の生える原因です。しかし、原因はそれだけでなく、場合によっては風により植物の種が運ばれたり鳥が防水層の下に種を隠したりすることで木が生えることもあります。
生えた木をそのままにしておくとどうなりますか?
植物の根は防水層を突き破るほど強靭であるため、そのままにしておくと建物の中に隙間が発生してしまいます。漏水や建物の劣化を生じさせてしまうため、植物による影響が心配な場合は耐根シートを設置しておきましょう。

定期的に屋上清掃を行なっておくと樹木の発生確率は少なくなります

屋上に土や泥などが溜まってしまうと、屋上に存在する種が成長しやすくなってしまいます。特に排水ドレインの部分は汚れが溜まりやすいため、きちんと清掃を行なう必要があります。清掃を行なう際は目地の修繕も行なっておきましょう。

まとめ

樹木の生えている屋上は見た目も悪い上に、建物の耐久性を大幅に悪化させてしまう原因になります。もし屋上に木が生えているのを見つけた場合は、勝手に対応を行なわずにまずは屋上防水を取り扱っている業者へ相談を行なってみましょう。

TOPボタン